👶赤ちゃんの皮膚トラブルあれこれ・・・スキンケアも。👶

名古屋市熱田区の白鳥皮フ科クリニックスタッフです。❄

寒さも厳しくなりインフルエンザが猛威をふるっております。⛄❄
みなさまどうぞ外出から帰ったら手洗いとうがいをお忘れなく!

今日は赤ちゃんの皮膚についてのブログを書きます。
当院は小児皮膚科を開設しており、0か月の赤ちゃんから診察しております!(^^)!

赤ちゃんの肌はすべすべで柔らかくきれいですが、皮膚は薄くてデリケートです。
水分を保つのも、外からの異物を防ぐバリア機能も未熟なため、トラブルも起きやすくなります。トラブルを起こさないためにも普段からスキンケアを心掛けるのはとても大切で、よく「保湿剤は肌によくない」といわれる方もいらっしゃいますが、保湿をしっかりして外的刺激から守ることはとても大切なのです 💡 

スキンケアの大切なことと致しましては、もう一つはきれいにすることです。
しっかり石鹸を手で泡立てて、きめ細やかな泡を作り、刺激をしないようにやさしくなでで洗います。
その後、優しくタオルで拭き保湿をします。よく顔はガーゼで拭くだけとおっしゃるかたもいらっしゃいますが、石鹸で洗うほうが清潔になります。
石鹸は低刺激なものがよく、泡タイプやドロっとした液体は界面活性剤入っていることが多いので固形石鹸が望ましいです。
また保湿剤は、お子さんに合ったものをご使用ください。乾燥肌の子は肌の調子がよいときも、保湿剤を1日2~3回を塗る習慣をつけるといいでしょう。

赤ちゃんの肌トラブルでは、乳児湿疹、おむつかぶれ、アトピー性皮膚炎などありますが、おむつかぶれだと思っていたら実はカビが原因だったりします。また湿疹がアトピー性皮膚炎に移行しないための指導などを皮膚科にて行っております。
赤くポツポツと出てきた湿疹も、湿疹になってしまってからは保湿剤では治りません。早めに治療を始めると、お薬も強くないものを使うことになります。悪化する前に受診をしましょう。
また、保湿剤もスプレータイプやローションタイプ、クリームなど使い勝手のよいものがございます。お気軽にご相談ください。

小さいお子さまをお連れの患者さまには、平日だけですが順番取り予約ができます。
平日午前は9時30分~12時まで、午後は4時30分~18時半まで、午前診察は午前に午後診察は午後にネットで順番を取っていただくと待ち時間が軽減されます。
どうぞご利用下さいませ。こちらからどうぞ。

お車でお越しのかたは、となりに駐車場を併設しております。満車の場合はタイムズ明野町第2をご利用くださいませ。1時間の駐車券をお渡ししております。その時は必ず駐車券をお持ちください。アクセスはこちら。

小児皮膚科について詳しくはこちらをご覧ください。