にきび(尋常性ざそう)について

にきびは、顔や背と胸に見られる炎症性皮膚疾患の一つです。多くは小学校の高学年からでき、軽い方から重症な方まで様々です。
しかし適切に治療しない(潰してしまう等)と後々、大人になってもニキビの跡が残ってしまい、その時に治療を始めても跡を綺麗に消すことは容易ではありません。当院ではニキビやお肌にあった治療をしております。
ニキビ治療のイメージ

にきび治療の治療について

どういうタイプにどのような治療・外用薬が向いているのかをご説明し、生活指導などもおこないます。

にきび治療のお薬

最近は様々なニキビの外用薬が登場しておりますが、肌質によって選択するお薬、治療が異なります。皮膚症状を悪化させることのないよう外用薬を選択し、内服、光線療法、漢方治療などを組み合わせて治療していきます。
保険外治療になりますが、ケミカルピーリングも行っております。
ニキビができた後のシミに対してはビタミンC、トラネキサム酸のイオン導入やビタミンCの化粧品、ハイドロキノン含有の化粧品も有効です。

ピーリングについてはこちら

ビタミンCローションのご説明

ビタミンCローションは、水溶性ビタミンC誘導体を7%配合した脂性肌用のエイジングケア用化粧水です。
お肌にうるおいを与え、みずみずしくキメ細やかな肌へ整えます。

ビタミンCローションについて