掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

手の平や足の裏に無菌性膿疱と呼ばれる膿をもったようなプツプツが出没する病気です。
膿疱(のうほう)という発疹が手の平や足の裏に数多く見られ、そのまま放置すると良くなったり、悪くなったりを繰り返します。
小さな水ぶくれになり、膿疱(のうほう)に変化し、その後にはかさぶたになり、皮膚の一番上の薄い層が剥がれ落ち、これらの発疹が混じった状態になります。
発症時は、かゆくなることが多く、鎖骨と鎖骨の間の骨が盛り上がったり、その他の関節が痛くなる場合もあります。

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)の治療法

足の発疹に関しては水虫によく似ており、しっかりと診断するために皮膚表面の角層を一部取り、顕微鏡で調べてから、治療に移ります。
具体的には主に外用療法にて治療します。またエキシマによる治療も効果的です。

光線治療についてはこちら