でんぷう(癜風)について

癜風(でんぷう)菌という皮膚に元々常在しているカビにより生じます。
黒っぽいあざもしくは白っぽいあざのようにみえる斑点ができて広がる病気で、その見た目から黒ナマズ、白ナマズなどと呼ばれることがあります。
高温、多湿で脂っぽい皮膚の環境下で、癜風菌が増殖して癜風が発病します。
肥満や糖尿病などの内分泌疾患、免疫抑制剤を投与中の方にも生じますが、20代から40代の健康な汗をよくかく、あぶら症の方の患者さんが多いです。
好部位は胸、背中、首、脇などで、自覚症状はほとんどないか、あっても軽度のかゆみくらいです。「黒っぽいあざが最近増えてきた」、「白いあざが増えてきました。」、「最近体に色むらが広がってきた」といって受診される患者さんが多いです。
確定診断は、表面をメスでこすって、ふけのような粉を顕微鏡で検査することで診断できます。

でんぷう(癜風)の治療法

治療は癜風菌に抗菌力のある外用薬を用います。広範囲で外用が難しい例では抗真菌剤を内服することもあります。皮膚の常在菌であるため再発することが多く、「去年もデンプウといわれた」といって受診される方も少なくありません。また良くなったからといってお薬の外用をすぐにやめてしまうとひと夏の間に何度も再発を繰り返す患者さんもみえます。治ったあとに色素沈着、色素脱失などが残ることがありますので、おかしいな、と感じたら、早めの受診がお勧めです。