帯状疱疹(たいじょうほうしん)について

帯状疱疹は、水痘発症後に潜伏感染した水痘帯状疱疹ウイルスが再活性化することによっておこる疾患で、体の片側に、神経支配に沿ってピリピリとした刺すような痛みがおこった後に、皮膚があかくなり、水ぶくれができる病気です。
初めて水痘帯状疱疹ウイルスに感染した時は、水ぼうそうとして発症します。水ぼうそうが治癒したあとも、ウイルスは体内の神経節に潜伏します。加齢、ストレス、過労などが引き金となってウイルスを抑え込む免疫が低下すると潜伏していたウイルスが再活性化し、帯状疱疹を発症します。60歳代の高齢者に多い病気ですが、小学生から発症する子もいます。
皮膚や神経の炎症によっておこる痛みを伴い、皮膚症状が治まった後も帯状疱疹後神経痛といって、痛みが続くことが患者さんを悩ませます。
早めの治療により皮膚症状はもちろんのこと、帯状疱疹後神経痛が残りにくくなります。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)の症状は?

神経痛様疼痛や知覚異常、痒みが数日から1週間続きます。
次に虫に刺されたかのような紅斑が出てきます。この時に発熱や頭痛等が発症する場合もあります。
そして紅斑の上にみずぶくれが出来き始め、初めのうちは透明ですが、黄色いのうほうとなり、約6~8日で破れてただれや潰瘍になります。
発疹が出てから1週間までは紅斑やみずぶくれが新しく出てきます。その後拡大がみられますが、治癒に向い、約2週間でかさぶたとなり、約3週間でかさぶたは剥がれて治癒となります。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)の治療法

年齢が若いから軽症で済むとは限りません。その患者様が持つ抵抗力によって重症度が決まってきます。
初期で軽症であっても、治療をしなかったりなどで重症化する疾患なのでご注意下さい。

帯状疱疹の治療については様々な治療をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。