単純疱疹(単純ヘルペス)について

単純ヘルペスウイルスに感染することによって起こり、ウイルス保有者との接触が原因で感染します。
主に口唇、陰部に感染し、そこの神経節に定着し、免疫細胞が普段は抑え込んでいますが、風邪、疲れ、ストレス、日光、月経、性交など、疲れたりしたときに、抑える力が弱くなり、同じ部位に水ぶくれの再発を繰り返す病気です。幅広く広がってくる帯状疱疹とは違い(帯状疱疹は顔・躯幹・片足全体の3種類)口唇周囲や陰部に範囲が狭く出現し、それを繰り返すのが特徴です。

単純疱疹(単純ヘルペス)の症状

単純疱疹(単純ヘルペス)の症状は、口唇周囲や陰部に小さい水ぶくれが集まってでき、最初赤くなり、小さい水ぶくれができ、かさぶたになり、約1~2週間で治っていきます。痛痒いというのが特徴です。
アトピー性皮膚炎など肌の防御が弱かったり、免疫力が落ちていたりすると、口唇ヘルペスが横にはっていき、顔全体がじくじくになるカポジ水痘様発疹症になることがあります。

単純疱疹(単純ヘルペス)の治療法

基本、飲み薬が一番効果が高いです。また、ヘルペスの外用薬も有効です。免疫力が低下しておきる病気なので、体調を整えることが重要で、スポーツ、体力をつかう長風呂はよくなく、身体を休めてよく寝て下さいね。