小児皮膚科へのこだわり

恩師に「手足口に発疹が出たら手足口病、全身に水ほうが出たら水ぼうそうと典型的な症状がそろえばお母さんが見ても診断できる。一個しか皮疹がないときに手足口病ですよ、水ぼうそうですよと言えるのが皮膚科医なんだよ。」と教えられ、経験を積み現在があります。
子供を心配するお母さんの気持ち、何をされるかちょっと怖いなというお子さんの気持に寄り添い、診断の根拠や今後の見通し、軟膏の塗り方からスキンケアを含めた具体的な生活指導まで行っております。
お子様の内服薬は、必ず院長が味を見て、飲みやすいものをご用意しています。
小児皮膚科のイメージ
当院は0歳の赤ちゃんからご来院いただいております。
赤ちゃんの湿疹がひどい、おむつかぶれが治らない、この子はアトピーになるのかな?あざがあるけれど消えるかしら?などのお子様の皮膚のお悩みがあれば、こんなことで受診するのも…と思わずお気軽にご相談ください。

小児アトピー性皮膚炎・乳児湿疹

アトピー性皮膚炎は皮膚バリア機能の低下、元々のアレルギー体質のある子に慢性的に繰り返しおきる湿疹です。年齢によって湿疹のおこる特徴的な部位が変化します。乳児では2か月、その他では6か月以上症状のある子をアトピー性皮膚炎と診断します。この診断基準に満たない子のことを乾燥性湿疹、乳児湿疹と呼びます。
乳幼児では皮膚のもっとも外側にある角質が薄いため、皮膚バリア機能が未熟です。
アトピー性皮膚炎ですとさらにその機能が低下します。そのため、様々な刺激により炎症が起こり、掻くことによりさらに悪化します。
バリア機能を改善させるスキンケア、かゆみ、炎症を治す治療、悪化要因の除去が治療の柱になります。
近年、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関連が指摘されるようになりました。
従来、食物アレルギーの原因は経口摂取が原因と考えられてきましたが、最近では原因物質を吸い込んだり、触れることによっても発症することが分かっています。そのため、皮膚のカサカサをほっておくと、皮膚からアレルギー物質が侵入し、ぜんそくや花粉症など次々にアレルギー疾患を併発してしまいます。将来さまざまなアレルギー疾患で悩むことのないよう、皮膚のカサカサを直すことはとても重要です。
食物アレルギーを合併しているアトピー性皮膚炎のお子さまは、藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院の小児科、アレルギーセンターと提携し、治療を行っております。

おむつかぶれ・おむつ皮膚炎・(皮膚カンジダ症)

赤ちゃんのおむつかぶれの原因は様々です。おしっこ、ウンチによる皮膚への刺激や蒸れはもちろん、おむつやおしりふきの繊維によるかぶれ、サイズのあわない紙おむつによるこすれなどが原因のこともあります。
おなか周り、おしり、太ももなど多くはおむつがあたっている部分が赤くなります。回数の多い下痢や、汚れたおむつが長時間あたっていたりすると皮膚がめくれてただれることもあります。

また、「おむつかぶれがひどくって・・・。」とお母さんにつれてこられた赤ちゃんの中に、カンジダというカビが原因の「乳児寄生菌性紅斑」といわれる状態で、おしりや股が赤くただれている子がいます。
カンジダによる場合は股や肛門周囲など直接おむつがあたらない、くびれた場所が赤くなり、オブラートのような薄い皮めくれや膿をもったようなプツプツがでることがあります。

どちらの状態なのかは見た目だけではなく、顕微鏡検査でカンジダの有無を確認した上でお薬をお出ししています。
「以前、他の病院でもらった薬を塗ったけれどよくならない。」
「市販のお薬を塗ったらよけいにひどくなった。」
などのお話を診察室で伺うことがあります。
診察させていただくと、前回はおむつかぶれでよかったのかもしれないけれど、今回はカンジダになっているとか、市販薬でかぶれているということもあります。自己判断せず見せていただくといいと思います。

水いぼ(伝染性軟属腫)

軟属腫ウイルスによる感染症です。乳幼児、小児の皮膚によく生じます。
中心に凹みがあり、点状から小豆くらいまでのぷつぷつで、色は肌と同じ、もしくは少し赤みがあります。体はもちろん、顔、陰部など全身どこにでもできます。

ぷつぷつの中には軟属腫小体と呼ばれる塊が入っています。これはウイルスが感染した細胞の塊で、これに触れると次々に水いぼが広がります。感染力がつよく、幼稚園や保育園、学校やスイミングでうつるが多いです。兄弟間で感染することもあります。潜伏期間は14日から50日と幅があり、治ったと思っても、またで出てくることがあります。かいてしまうことで、水いぼが増えたり、もともとのアトピー性皮膚炎や湿疹が悪化したり、かき傷からとびひになることもあります。放置しても自然に治りますが、かなり時間がかかります。

水いぼをとった場合、とらない場合のメリット、デメリットをしっかりと説明し、保護者の方とよく話し合って治療方針を決めます。水いぼをとる場合は痛み止めのテープをはって処置をしています。
なお学校を休む必要はありません。

いぼ(尋常性ゆうぜい)

ヒト乳頭腫ウイルスによる感染症です。小さな傷を通してウイルスが感染するので、外傷を受けることの多い手足に生じることが多いです。魚の目やタコと思いこみ放置していると数が増えて受診されることがよくあります。液体窒素を綿棒につけて、冷凍凝固療法を行います。ヨクイニン内服療法を併用することもあります。当院の院長は袋井市民病院では2年間いぼ専門外来も担当しておりましたが、多くの場合一回の治療で治すことは難しく、時間がかかることが多いです。治療についてはもちろん、日頃の注意点などもお話ししております。

とびひ(伝染性膿かしん)

細菌による感染症です。接触によってうつり、火事が飛び火するように広がっていくことから「とびひ」と呼ばれています。細菌のついた手であせも、虫さされ、湿疹などを引っ掻いたり、擦り傷に感染することで広がります。黄色味を帯びた小さな膿あるプツプツが乾燥または破れてかさぶたを作るタイプと、破れやすい水ぶくれとびらんを作るタイプがあります。6月から9月の夏場に多く、皮膚のバリア機能、免疫機能の未熟な小児に多く生じますが、最近では暖房器具の発達により冬でも見られます。
抗生物質の内服、外用により治療します。
病変部を清潔に保つため、石鹸を泡立ててそっと洗い、シャワーで流しましょう。
浸出液を介して他の人にうつすことがあるので、プールはおやすみしましょう。病変部を外用処置して、きちんとガーゼで覆えば、学校を休む必要はありません。

手足口病

ウイルスによる感染症です。原因ウイルスは数種類あります。手足口病とは言いますが、おしり、膝、からだにも発疹がでることがあります。水ぶくれの中と便の中にウイルスが排出されます。水ぶくれが乾燥しても、便中にウイルスが2〜4週間排出されるため、トイレの後は必ず手洗いをしましょう。口の中の発疹が痛くて食事がとれない、微熱が出て体がだるいなどの症状がなければ、学校を休む必要はありません。

みずぼうそう(水痘)

水痘帯状疱疹ウイルスによる感染症です。予防接種が広く行われていますが、しっかりと免疫がつかず、軽い皮膚症状で発症する方もいらっしゃいます。抗ウイルス薬の内服にて治療します。すべての水ぶくれが、かさぶたになって乾くまで学校はお休みです。

その他

『あせも』『あざ』など、皮膚について何でもご相談ください。
小児喘息・熱の出る病気(風邪・麻疹など)は診察しておりませんので、かかりつけの小児科での受診をお願い致します。