みずむし、いんきん・たむしについて

白癬菌というカビの感染症です。国民の5人に1人は足の水虫、また10人に1人は爪水虫といわれるほど、多い皮膚病です。
病変の部位により呼ばれ方が違い、白癬菌が足に感染したものを足白癬、爪に感染したものを爪白癬、その他の皮膚に感染したものを体部白癬とよびます。一般的には体の白癬はぜにたむし、陰股部に感染したものはいんきんたむし、頭の毛に感染したものはシラクモなどと呼ばれています。
みずむし、いんきん・たむしのイメージ

 治りにくく、うつりやすい水虫

①治ったと思っても皮膚の内部で「白癬菌」は生きていることがあります。

かゆみがとれたからといって、治ったと思うのは危険です。
皮膚の内部では生きています
菌が無くならないうちに治療をやめてしまうと再発してしまいます。

②きちんとした治療が大切です。

水虫をきちんと治療しないと、症状が悪化するだけではなく、「爪白癬」という病気になったり、二次感染を起こしたりします。
また、家族に移ってしまうこともありますので、しっかりと薬を塗って治療しましょう。

③家族に協力してもらいましょう。

水虫は短期間で治るものではなく、また移りやすいため、同居している家族にも協力してもらい根気よく治療しましょう。
洗濯の仕方など医師から分かりやすく説明しますので、お気軽にご相談下さい。

みずむし、いんきん・たむしの治療法

まず、メスやハサミで水虫の疑われる部位の角層をとり、顕微鏡で検査し診断します。
症状に応じて効果的な外用薬を選択し、光線治療、生活指導も行っております。
爪水虫は血液検査をしながらの内服治療が主体でしたが、新しい外用薬であるルコナック、クレナフィンの登場により、外用薬による爪水虫治療も可能になりました。肝機能がわるくて内服はやめたほうがよいと言われた、など治療を諦めていた方はお気軽にご相談ください。

みずむし、いんきん・たむしのお薬

最近は市販薬も薬局で気軽に手に入りますが、足白癬と似た皮膚病はたくさんあります。
市販薬にはかゆみ止めや局所麻酔薬などが配合されていることが多く、病院で処方する外用剤に比べてかぶれることが多いです。
皮膚科で顕微鏡検査をうけて確定診断してからの治療をお勧めします。