尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)について

尋常性乾癬とは慢性の皮膚病です。
銀白色のかさかさをともない、境界明瞭な紅斑が全身に出ます。かゆみが出ることもあります。決して他の人にうつることはないのですが、人目に触れる部分に発疹が出ることで、周囲の目が気になり、生活の質が低下してしまう患者さんが少なからずいらっしゃいます。
慢性化し、軽快と悪化を繰り返す場合も多く、患者さんの病気の程度や状況に応じて、外用や光線療法を組み合わせて治療を相談の上行っていきます。

尋常性乾癬(じんじょうせいかんせん)の治療法

尋常性乾癬は主に活性型ビタミンD製剤とステロイド外用剤にて治療します。
ナローバンドUVB、エキシマによる光線療法は保険適応です。
外用治療や光線療法を行っても十分な効果が得られない方、関節の痛みがはげしい関節症性乾癬の方、 膿疱性乾癬や乾癬性紅皮症などの重症な方については、病診連携にて近隣の病院をご紹介して、内服薬や生物学的製剤の注射による治療をご紹介していますのでお気軽にご相談ください。

光線治療についてはこちら