頑張っている新米ママ・新米パパの不安あれこれ( ;∀;)

こんにちは、赤ちゃんが来院されると、喜んで近づいていくスタッフTです。クリニックには新生児から、高齢な方まで幅いろい年齢の方に来院されています。そのなかで、最近、赤ちゃんの来院が増えているなと感じています。診察する内容は、あせも、おむつかぶれ、身体に出来た湿疹などで受診されます。

処置をするとときに最近思うことがあります。それは、「ママはみんな悩んでいる。」 です。同じくらいの月数の赤ちゃんが続いて処置をした時がありました。処置内容もほぼみんな同じで、首や腕と膝の内側にあせもが出来ていました。その時にママから言われた言葉があります。 「うちの子だけでしょうか?」「かゆくさせてごめんね」「ずっと注意して見ていたのにごめんね」「どうしていいかわからなくて」 です。新生児は、私たちに比べ体温が高く、衣類の選択も難しい。だから、あせもやおむつかぶれも出来やすい。特に最近は寒暖差が激しく、とても悩むと思います。 しかし、ママとしては、自分を責めてしまい落ち込んでいる!!話を聞いていくと、相談する人がいないからどうしていいか分からなかったと。「インスタを見るとみんなお子さんとても肌がキレイなのにうちの子は全然違う」と悩むママもいて驚きでした。以前ここではないですが、ママより、「うちの子のおしっこが青くないんです!!」と相談されたことがあります。みなさんわかりますか?数年前おむつのCMで吸収力をわかりやすくするために、青色の液体で尿を再現していたのを見たママは赤ちゃんのおしっこは青だと思っていました。この時私は驚きましたが、相談する人もいない。子育ても初めて、赤ちゃんに触れるのも初めて。毎日わからないことが多くて手探りでやっているママは正しい情報も得れていないのかなと思いました。
そこで今回は、体温調整アドバイス!
赤ちゃんは大人よりも汗っかき。一年中たくさん汗をかきます。そのため、汗がポイントとなります!
赤ちゃんが暑いとき
⇒背中に手を入れて、汗をかいている。顔がほてっている。
赤ちゃんが寒いとき
⇒手足が冷たく、手の先が青紫色になっている。 
服の選択ポイント 吸収性のいい肌着を着させ、汗をかいたら交換してあげる。冬場は羽織物で調整するか、靴下を脱がせる。体温調節が未発達な2歳までは、身体に触れながら調整してあげてください。あせもは、赤ちゃんの首回り、肘や膝裏などの皮膚が触れ合うところに出来やすいです。たくさん着させているときはその部分も触って汗ををかいていたら1枚脱がせ汗を拭きとったりして、おむつも少し開放してあげてみてください!

皮膚のことでトラブルがあれば皮膚科受診してください。当院には、ベテランママも揃っています。不安なことがあれば、スタッフにも声をかけてください。できる範囲で話します♡
新米ママさん。パパさん応援しています!!