やけどにご用心

こんにちは。院長の林です。

 

最近、若い女性の髪の毛をクルクルとまくときに使う、
「コテ」でおでこや首をやけどして来院される方が増えました。

 

 

若いお母さんが床に置いて使っていたコテを触って、
小さなお子さんがやけどをしてしまったケースもあります 😥

 

 

 

昔は炊飯器の蒸気の吹き出し口からでる高温の蒸気に触れてやけどするとか、
石油ストーブにお母さんが手をかざして暖まっていたら
暑い天板の上に子供が手を置いてしまい両手にやけどを負うなど、
キッチンや暖房器具でのやけどが多かったと思いますが、
「コテ」の扱いには注意がいりそうです。

 

 

やけどは注意すれば防げるので、
特に小さなお子さんがいるご家庭では、
キッチンの炊飯器、お湯、油、ガス台、冬に使う暖房器具、
そして「コテ」 のやけどには注意してください。

 

時々、「庭のアロエを貼ってきたわ~」という方がいらっしゃいますが、
やけどした上に、アロエでかぶれると大変なのでやめましょう。

 

やけどした場合は

流水で冷やした後、皮膚科を受診してください。

水ぶくれがないような軽いやけどでも、

お薬を塗ることでヒリヒリが早く軽減しますよ。

 

一般皮膚科WEB順番予約はこちら

院長紹介