今、知ってほしいこと👧💉🎃👻

こんにちは。スタッフEです👧
今日はHALLOWEENですね🎃👻🎃👻🎃👻
みなさんは仮装したりパーティーしたりしますか?
私は先日USJのゾンビナイトへ行ってきました❣さすがハロウィンシーズン!!すっごい人人人で歩けないくらいの混雑でした。ゾンビも迫力があり、年々みんなの仮装のクオリティもアップしていました。私もプチ仮装をして楽しみました。楽しい休日を家族で過ごすことができました(⋈◍>◡<◍)。✧♡

今日は残業なので昨日家族でホームパーティーをしました🎉🎉🎉

 

そんな中、月曜日は子宮頸がんワクチン「ガーダシル」の勉強会でした。私も女の子を持つ親として知っておかなければいけない問題です。また、白鳥皮フ科クリニックは女性の多い職場なので職員の為の勉強会でもあります。日本では毎年10000人もの女性が新たに子宮頸がんと診断され、子宮頸がんが原因で約3000人が亡くなっています。日本では子宮頸がんワクチンの接種率が0.8%と欧米に比べて低く20代・30代の女性に子宮頸がんが増加傾向にあります。20代から30代は乳がんより子宮頸がんの方が多く、子宮頸がんの発症年齢と出産年齢のピークが重なることが知られています。子宮頸がん予防では、「HPVワクチン接種」や「検診」など、若い頃からの対策が必要です。ワクチンの副作用の心配もあります。正しい知識を知って子宮頸がんの対策をする。日本の女性を守るために今知ってほしいことです。