スタジオジブリ 堪能!

こんにちは。白鳥皮フ科のスタッフです。

毎日暑い日が続きますね。今年は梅雨明けも早まりそうです。皆様、体調にはお気を付けください。
話は変わって、私は現在、松坂屋美術館で開催されている「スタジオジブリ鈴木敏夫 言葉の魔法展」へ行ってきました。
スタジオジブリ代表取締役プロデューサーの鈴木敏夫さんによる手書きの題字や、キャッチコピーなど、作品にまつわる資料が展示されています。その中で、名古屋市出身の鈴木さんの少年時代の思い出を伝えるコーナーにある、高校を卒業するまでの様子を描いた手書きの名古屋市の地図は、とても親しみを感じました。

鈴木さんは、人と話す時はいつも、いたずら書きをしながら聞いているそうです。そして同じ癖にを持つ人に出会います。その人が皆さんもご存じの宮崎駿さんです。鈴木さんもとても上手な絵を描かれるのに、宮崎さんと出会って絵はやめて、文字に専念することにしたそうです。元々言葉を集める、言葉が好きで、気に入った文章に出会うと、アンダーラインを引かずに、ノートに書き写しているんだとか。私も時々手帳に書き写したりするので、マネしてノートを作ってみようと思いました。

ジブリの裏話もあり、カラーコピー機がなくてそれを買う為の資金源として、ナウシカのイラスト複製イラストの通信販売を始めた事など、イラストを見ながら、「へぇー!」と思うお話ばかりです。
そして、今現在も話す事はいつも今、目の前の事でせいぜい1年先のことまでで、いま、ここに集中する。
そんな鈴木さんの世界観や、仕事ぶりを垣間見ることができ、とても充実した時間を過ごして来ました。
撮影可能なコーナもあり、何が展示してるかはちょっぴりお楽しみですが、細部まで作り込まれていて圧巻です。

暑さを吹き飛ばす体感をして、気持ちもすっきりです。また来週も頑張ります!

追伸:併設の駐車場は10台ありますが、駐車できない場合は病院の2本南のタイムズ明野町第二駐車場に駐車していただだければ、1時間の駐車券をお渡ししています。混み合っている時はそちらをご利用ください。