🌷花粉症と食物アレルギー🌷

こんにちは。名古屋市熱田区、白鳥皮フ科クリニックの院長の林です。
暖かくなりましたね。桜ももう葉桜です。

暖かくなるのはうれしいけれど、花粉症がつらい・・・という方が毎日たくさん受診してくださっております。

 

今日は花粉食物アレルギー症候群のお話です。聞きなれない言葉だと思いますが、花粉症の方が特定の果物や生野菜を食べると口の中の腫れやかゆみを引き起こすことがあり、これを花粉食物アレルギー症候群とか口腔アレルギー症候群などと呼びます。
花粉症の原因アレルギー物質と、食物のアレルギー物質が似ているためにおこると言われています。

今の季節ですと、
スギ、ヒノキに対する花粉症・・・・・トマト、
ハンノキ、シラカンバの方・・・・・・リンゴ、モモ、いちご、ダイズ(主に豆乳)などその他多数
問診で原因物質を推測し、裏付けとして血液検査や皮膚テストなどを行います。感作の原因となった花粉症を治療するとともに、アレルギー症状を起こす食べ物をはっきりさせ、除去する必要があります。スギやヒノキの花粉症のお子さんで、口がピリピリするためにトマトを食べないのを、好き嫌いを言わないの!!などと無理に食べさせてしまうことのないようにしたいものです。花粉症と自己診断されていて、血液検査で確認したことがないという方が意外と多いです。スギ花粉症とはっきりしたら、舌下免疫療法を行うことも可能です。

今までアレルギー検査をしたことがない方、一度ご相談ください。

今年の花粉症についてはこちらもご覧ください。