尋常性乾癬

こんにちは。
名古屋市、熱田区の白鳥皮フ科クリニックの院長の林です 🙂 

 

先日、モデルの道端アンジェリカさん尋常性乾癬であることを公表しましたね。
アトピー性皮膚炎は一般的によく知られた病気だと思うのですが、
尋常性乾癬はあまり知られていないと思われます。
カンセンという言葉からうつる病気と勘違いされることもあるようですが、人にうつることはありません

 

慢性の機械的な刺激を受けやすい頭部、肘、膝、臀部、下腿伸側などに
銀白色のかさかさをともなう境界明瞭な紅斑が全身にでます。

仕事や家庭でのストレスやかぜをひいたときなどに悪化します。

白鳥皮フ科クリニックでは、従来のステロイドやVitD₃軟膏に加え、
新しい外用薬であるドボベット®軟膏、マーデュオックス®軟膏(活性型ビタミンD3製剤とステロイドの配合剤で一日一回外用)なども取り揃えております。

 

またナローバンド、エキシマによる光線療法を行っております。
全身に乾癬の皮膚症状がある方にはナローバンドを用いて全身に照射し、
部分的に症状のある方にはエキシマを用いて部分照射を行います。
もちろん保険適応です。

 

道端アンジェリカさんは現在、外用薬と注射薬での治療を行っているとのことです。

注射薬については外用治療や光線療法を行っても十分な効果が得られない方、
関節の痛みがはげしい関節症性乾癬の方、
膿疱性乾癬や乾癬性紅皮症などの重症の方を中心に、病診連携にて近隣の総合病院をご紹介して、
内服薬や生物学的製剤の注射による治療をご紹介していますのでお気軽にご相談ください。

 

尋常性乾癬はこちら

光線療法はこちら